ブログトップ

続・動物園ありマス。

manyamou01.exblog.jp

さらに、だらだらと動物園見聞録

2015年 11月 22日 ( 2 )

e0294253_17564086.jpg
オステオレピス

デボン紀
シーラカンスや肺魚の仲間である肉鰭類(にくきるい)の初期の仲間

e0294253_18013008.jpg
ユーステノプテロン

デボン紀後期の肉鰭類
胸ビレ、腹ビレには骨があり、海から陸へと進出していった四肢動物のご先祖様と考えられています

e0294253_18080533.jpg
もういっちょうユーステノプテロン

「ユーステノ」は「頑強な、たくましい」の意で、「プテロン」は「ヒレ」の意

e0294253_18140671.jpg
ガノレピス

石炭紀前期の原始的な軟質類
現代に残るポリプテルスやチョウザメのご先祖様

e0294253_19402003.jpg
アレニプテルス

石炭紀前期のシーラカンスの仲間

e0294253_19452861.jpg
パランブリプテルス

ペルム紀前期の条鰭類

条鰭類の初期の仲間は軟質類に分類され
パランブリプテルスもその一つ

e0294253_19461029.jpg
レピドーテス(ジュラ紀後期)

三畳紀~白亜紀に生息した硬骨魚
ガノイン鱗と呼ばれる硬いエナメル質のウロコが体を覆っています

魚食性の恐竜バリオニクスの化石から、この種のウロコ等が見つかっており
よく食べられていたと考えられています

e0294253_19470194.jpg
ラコレピス

白亜紀の硬骨魚
ラコレピスは、その中でも進化した真骨類に属し
現代のカライワシの仲間とよく似ています

かくて、泳ぐ能力をどんどん進化させた条鰭類は大洋を謳歌し
一方、肉鰭類は極一部の種を残し、地上へとその活路を見出すのであります

[PR]
by manyamou01 | 2015-11-22 23:55 | 国立科学博物館
e0294253_10002620.jpg
メロです

午後になって、ネロ&リロ組と交代で登場

隔離されてからは、ずーっと奥の部屋にいて殆どまともに姿が見れなかったので
こうしてサブで会えるのは、めっちゃ嬉しいです

e0294253_10020446.jpg
ずんずん

e0294253_10022324.jpg
他の子と違って、メロは慣れていないはずの放飼場でもホント物怖じしません

e0294253_10051902.jpg

e0294253_10060021.jpg
マイペースで放飼場を満喫しておりました

e0294253_10040926.jpg
この角度は、ここでしか見られないっす

e0294253_10084341.jpg
一方、交代でバックヤードへ戻ったネロ

退屈そうにまどろんでます

e0294253_10095296.jpg
リロ

e0294253_10102585.jpg
うん・・・ゆっくり、お休み


[PR]
by manyamou01 | 2015-11-22 12:15 | 多摩動物公園