ブログトップ

続・動物園ありマス。

manyamou01.exblog.jp

さらに、だらだらと動物園見聞録

カテゴリ:未分類( 5 )

日頃、ごひいきにしてくださる皆様には厚く御礼申し上げます。
さてさて、三年以上にわたって続けてきたこのブログも容量がいっぱいになってしまったので
引越しをさせていただきます。
お手数ではございますが、下記リンクより新ブログの方へ是非、お越しくださいませ


[PR]
by manyamou01 | 2016-03-07 20:54
いよいよ今年も残すところ、あと僅かとなりました。

以前から、年末を迎えるたびにやりたいな~と思っていたことを今年はやっちゃいました
年末のTV特番とかでもよくやってる今年のベストなんちゃらってやつです

実際やってみたら、思ってたより遥かに大変でした
今年書いた記事は400件近くあり、我ながらよく書いたなあと・・・一年って結構長いですw
手順としては、月ごとに3件程度の記事をノミネートしツイッターで告知
フォロワーさんの反応(お気に入り、RT)を参考に件数をしぼっていき
最後はツイッターの投票フォームを利用して順位を決めました

まあ、こういったものに順位付けするのもどうかという思いもありますが
そこはそれ年末のイベントということで

てな訳で前振りが長くなりましたが以下が年間ベスト5であります
(投票フォームは4件までしかできなかったので、5位以下は次点です)







*5位は同票

1位の結果については、記事内容で述べている通りだったなと自負しておりますw
最近ツイッターを見てもアイコンがマヌルネコであったり、プロフィールに「マヌルネコ最高です」と書いてあったりする方が
増えてきて、こちらとしてもテンションあがりっぱなしであります。

今年もせっせと動物園に通い、たくさんの感動をいただきました
出会いがあり、別れもあり、それもまた動物園なんだなあと、しみじみ
このベスト5は、まさにそれを体言しているんじゃないかと思っています

動物たちと日々その命と向き合っている全ての動物園のスタッフの方々に感謝を込めて
また、このブログを読んでくださっている皆様にも厚く御礼申し上げます

本年もお世話になりました。来年もまたよろしくお願いいたします

まにゃもう

e0294253_19332133.jpg

[PR]
by manyamou01 | 2015-12-31 20:25
e0294253_20543928.jpg
先月28日、毎月一回行われる観望会「天文の夕べ」に参加してきました

e0294253_20573321.jpg
多くの人で賑わい、なかなかの盛況だったんですが
プラネタリウム開始前に、天井に「観望会はあと一回です」の文字が浮かび上がると
なんとも切ない気持ちになりました

e0294253_21053677.jpg
現時点で、来週3/14の「天文の夕べ」が最後の観望会になるようです

e0294253_21082925.jpg
さて、その観望会の様子なんですが、先ずはプラネタリウムで30分ほど
今の季節に見られる星空や、月、金星等の解説をした後

e0294253_21105550.jpg
3Fの天体観測ドームと2Fのバルコニーで天体観測会が行われます

e0294253_21161630.jpg
15cm屈折赤道儀望遠鏡の迫力

この日は天気もよく、月面、金星、木星、オリオン星雲等が綺麗に見えました

個人的にはこういった天文系のイベントに殆ど参加したことがなかったので
とても新鮮で楽しかったです
職員の方々も色々と説明してくれたり、素朴な疑問にも丁寧に答えてくださり充実したひとときでした

(ちなみに、驚くことなかれコレ全て無料なんです!)

e0294253_21234361.jpg
家族連れも多く(小中学生は保護者同伴が必要な為)、和気あいあいとして実にアットホームな雰囲気です

望遠鏡を覗いて「見えたー!すごいー!」と大喜びするちびっ子たち
親子で冬の大三角形をなぞり、星座標を片手に星星を探す・・・
こんな普段着感覚で知的好奇心に満ちた空間はちょっと他にないと思います

今日のような原体験をした子供たちの多くは天文に多大な興味を抱き
自ら進んで、探究心を深めていくことでしょう
こういった施設、機会がなくなってしまうというのは計り知れない知的財産の損失だと実感しました

いまいちど閉鎖については考え直してほしいなあと思った次第です


[PR]
by manyamou01 | 2015-03-07 20:24
e0294253_21115721.jpg
引き続き、杉並区立科学館よりお送りいたします

e0294253_21123637.jpg
おお、小柴博士の直筆色紙だ

杉並区の名誉区民でもある小柴昌俊氏はここの名誉館長なんだそうです

e0294253_21143009.jpg
光電子増倍管

このドでかいやつがカミオカンデ用に開発された世界最大の光センサー

e0294253_21194616.jpg
少々雑多ですが、通路には色んな物が展示してあります

原寸大:電柱の仕組みとか、中々ぐっときます

e0294253_21214139.jpg
様々な日時計

e0294253_21222899.jpg
携帯用とかかっこいいっす

e0294253_21230513.jpg
隕石コレクション

e0294253_21235326.jpg
プラネタリウムもあるのですが、月数回しか行われず
展望会という素敵なイベントも月イチでしか行われていないというのが
ちょっともったいないかなと

e0294253_21255106.jpg
なので、ふらりと行っても見れません

e0294253_21541468.jpg
ここが廃止になる理由というのが、区内の何処の小学校にも理科室があるからというのと
施設老朽化の為、建替え後は高齢者用の施設を新設する為と
まさに少子高齢化そのものといった実情が見えてくるわけですが

e0294253_22030645.jpg
個人的な感想としては、だからといって子供たちの教育及び区民の天文への関心を担ってきた
歴史ある施設を廃止というのは
「本当にそれでいいの?」と思わざるをえません

科学館の廃止は、まだ区議会を通っていないそうなので
存続できればなあと願っております


[PR]
by manyamou01 | 2015-01-28 20:26
e0294253_12062904.jpg
住宅街に忽然と現れるレトロで美しい建物、杉並区立科学館

区立の科学館だなんて希少というか、凄いことだなあと思ってたんですが
残念ながら今年度限りで廃止になると聞いて、一目見ておきたいと足を運んだ次第であります

e0294253_12093764.jpg
入り口付近で迎えてくれるフーコーの振り子

e0294253_12103828.jpg
同じく1Fフロアにある展示品の数々
コイワシクジラの全身骨格

e0294253_12105914.jpg
マンモスの下あご

e0294253_12111860.jpg
豚の全身骨格

e0294253_12151980.jpg
入館料はなんと無料なんですが、足を運んだのが平日の昼下がりとはいえ
館内にはお客さんは一人もおらず、職員の姿さえ見受けられません

e0294253_12200948.jpg
主に区内の移動教室としての役割が中心のようで、行事がある時以外は開店休業って感じなのかな

B1へ進むと、こういった部屋が何室もありました

e0294253_12214392.jpg
ちょっとのぞいてみましょう

おお、まさに放課後の理科室
胸熱であります

e0294253_12281383.jpg
広々としたバルコニーに出ると、メダカの飼育をしていました

e0294253_12294931.jpg
では、引き続き館内の展示を見ていきましょう

珍しい貝の標本の数々や

e0294253_12310688.jpg
剥製の数々

極楽鳥

e0294253_12314866.jpg

e0294253_12344334.jpg
南極の石


次回に続きます


[PR]
by manyamou01 | 2015-01-27 20:02