ブログトップ

続・動物園ありマス。

manyamou01.exblog.jp

さらに、だらだらと動物園見聞録

カテゴリ:千葉市動物公園( 27 )

e0294253_11590086.jpg
沈み行く夕日を浴びるミーアキャット

e0294253_11594851.jpg
起伏に富んだ、楽しそうな放飼場です

e0294253_12010722.jpg
もう、閉園間際で駆け足でしか見られなかったのがちと残念

e0294253_12025296.jpg

e0294253_12055190.jpg
すっかり人の気配がなくなった園内
コツメカワウソを見に行くと飼育員と勘違いしたのか
一斉にこちらに走ってきてくれました

e0294253_12083512.jpg
(あれ・・・・なんだこいつ違うぞ)

e0294253_12095200.jpg
この日のメンバー表

e0294253_12101685.jpg
で、すぐこの状態に

全力帰りたいモードです

e0294253_12111566.jpg
「来たか!?」

どうやら、担当さんが来たようです
そろそろ、私も帰ることにしましょう



[PR]
by manyamou01 | 2015-01-19 19:57 | 千葉市動物公園
e0294253_10581030.jpg
千葉市動物公園のアジアゾウ アイちゃんです

e0294253_10590580.jpg
放飼場はこんな感じ

e0294253_10594863.jpg


e0294253_11110970.jpg
今年で31歳
風格も備わった素敵な御婦人です

e0294253_11030762.jpg
「褒めたってなにも出ないわよ♪」

e0294253_11040099.jpg

e0294253_11054318.jpg
キュートなお尻\(//∇//)



[PR]
by manyamou01 | 2015-01-18 19:57 | 千葉市動物公園
e0294253_21271266.jpg
千葉市動物公園のアミメキリン
こちらの方がヨウタくん(2012.9.23生まれ 長野市茶臼山動物園より来園)でいいのかな

e0294253_21292952.jpg
人馴れしているのか、ぐいぐいと近くまで来てくれます

e0294253_21301811.jpg
「はろ~♪」

e0294253_21314669.jpg
ちょっと小走り

e0294253_21321895.jpg

e0294253_21324197.jpg
この距離感、たまらないものがあります

e0294253_21355400.jpg
草原ゾーンにて
シタツンガが全力で走ってくるので、何事かと思いきや・・・

e0294253_21365679.jpg
なんと、ダチョウに追い回されていたのでした

e0294253_21375376.jpg
悠然と我が道を行くダチョウ・・・・・強いっすねー



[PR]
by manyamou01 | 2015-01-17 19:50 | 千葉市動物公園
e0294253_23510064.jpg
千葉市動物公園のマレーバクをご紹介~

e0294253_23513436.jpg
夕暮れ時に訪れたら、かなりハイテンションで
終始、鳴きながら活発に動き回っていました

e0294253_23530768.jpg
ざんざんざん

e0294253_23532738.jpg
時に走り出したりと元気はつらつ

e0294253_23541124.jpg
こんな感じの放飼場

e0294253_23545458.jpg
向かって左側にいるのがユメタくん(2006年 千葉市動物公園生まれ)とサコさん(2007年 多摩動物公園生まれ)

e0294253_00002895.jpg
右側にいるのがユキミさん(1991年 東山動植物園生まれ)

e0294253_00192027.jpg
メスのマレーバクとしては国内最高齢
これまでに6頭もの子供を出産した偉大なお母さんです
(ユメタが6番目の子供です)

e0294253_00031925.jpg
黙々と食事をしていたユキミさんですが
全て食べ終えると

e0294253_00021522.jpg
ゆっくりと歩きはじめました

e0294253_00062174.jpg
なんとも優雅なお姿
同郷の方に会えて胸熱であります

ユキミさん、末永くお元気で~~


ユメタ&サコ


[PR]
by manyamou01 | 2015-01-16 19:50 | 千葉市動物公園
e0294253_21592863.jpg
今年の大トリは、文字通り大きな鳥に登場していただきましょう
千葉市動物公園のハシビロコウです

e0294253_22004355.jpg
千葉市動物公園には、ペアのハシビロコウがいるのですが
すいません、どっちがどっちだったかわからなくなってしまいました

こちらが「しずか」さんかな

e0294253_22025533.jpg
ぐーぐー寝てた、こちらが多分「じっと」くん

e0294253_22065796.jpg
秀逸なネーミングですが、じっとくんは平成17年に来園、
しずかさんは開園間もない元年から飼育されているのにもかかわらず
二羽に名前がついたのは今年の4月のこと

e0294253_22100361.jpg
近年のハシビロコウ人気の流れに乗った感じですが
命名式も行われたそうで、やっぱそーいうのっていいですよね
個体に対する思い入れが一層強くなります

e0294253_22133957.jpg
沈み行く夕日を浴びて、静かに佇んでおります
まさにイメージ通りのハシビロコウ

e0294253_22143356.jpg
動いていなくても、瞬膜は素早く閉じるのであります

e0294253_22162156.jpg
時刻は16時をまわった頃、しずかさんがバックヤードへ戻ってくると・・・

e0294253_22171805.jpg
なんと活魚が用意してあるではないですか

これは良い場面に出会えたと閉園間際まで観察を続けたわけですが
結果はタイトルの通り。まあ、自分が張り付いていたせいもあるのでしょうが
ある意味、めっちゃハシビロコウらしいのかなと

ちなみに自分が観察していた間に一度だけクチバシを突っ込んで
狩りにかかったのですが残念ながら空振ってました


という訳で、本年もお付き合いいただき誠にありがとうございました
それでは皆様、よいお年を~~



[PR]
by manyamou01 | 2014-12-31 19:50 | 千葉市動物公園
e0294253_08490144.jpg
千葉市動物公園のアフリカハゲコウです

e0294253_08521931.jpg
ハゲコウって、初めて見ました

中々、凄いインパクトの持ち主です
超個性的な風貌ですが、こう見えてコウノトリ科に属しています

e0294253_08542401.jpg
何やら、放飼場の出入り口をじーーっと見つめています

e0294253_08561581.jpg
うろうろ、そわそわ

e0294253_08564420.jpg
飼育員さんがやってきました
もう、帰宅の時間なのです

e0294253_08575059.jpg
ぶわさーーーー!

「腹減ったんじゃーーーー!!」

e0294253_09022447.jpg
はいはい、もう帰りますよ

e0294253_09041902.jpg
「まだかなー、まっだかなー」

後片付けをしている飼育員さんを待っています

e0294253_09052510.jpg
「はよはよーーー!」

e0294253_09061138.jpg
めっちゃ見てるし

ちなみに、この立派なのど袋、繁殖期にはここをふくらましてアピールするのですが
機能については謎なんだそーです

e0294253_09125095.jpg
お待たせ~

飼育員さんが戻ってくるや即行バックヤードへ向かうハゲコウたち

まったね~~♪



[PR]
by manyamou01 | 2014-12-30 19:47 | 千葉市動物公園
e0294253_00214926.jpg
スレンダーなプロポーションも美しいヘビクイワシです

e0294253_00222459.jpg
千葉市動物公園では、つがいで展示されています

e0294253_00255056.jpg
閉園間際の16時頃
もう、バックヤードに戻りたいのかやけにそわそわとしていました

e0294253_00272541.jpg
たったったったったっ

e0294253_00280522.jpg
てってってってってっ


奥のバックヤード入り口から、客側のすぐ手前まで
何度も何度も往復していました

e0294253_00302130.jpg
「はいはい、お帰りはあちら」

えー?もう少し見せてよー

そわそわが伝染します


[PR]
by manyamou01 | 2014-11-27 19:55 | 千葉市動物公園
e0294253_23185244.jpg
走るモウコノウマ クリス

e0294253_23195099.jpg
現存する唯一の野生馬がモウコノウマ(蒙古野馬)

e0294253_23210860.jpg
国内で彼らに会えるのは千葉市動物公園と多摩動物公園だけです

e0294253_23220992.jpg
と、解説している間も走り続けるクリス嬢

e0294253_23250541.jpg
クリスは99.9.27生まれ

e0294253_23263919.jpg
こちらがトメキチくん
クリスが走り続ける中、マイペースでぶらぶらと歩いておりました

e0294253_23290478.jpg
トメキチは90.10.23生まれ

給餌の時には、我が強いクリス嬢にお尻を蹴飛ばされることもよくあるのだとか

・・・トメキチ殿には申し訳ないが、是非見てみたいものです

e0294253_23322968.jpg
「さあ、もうひと走り!」

クリスさん、めっちゃ元気です





[PR]
by manyamou01 | 2014-11-21 19:50 | 千葉市動物公園
e0294253_17435870.jpg
引き続き、家畜の原種ゾーンより

ムフロンです
紀元前6000年ごろにムフロンを改良して作られたのが家畜の羊と言われています

e0294253_17504921.jpg
立派な角があるのがオスです

e0294253_17515567.jpg
こちらが女子

e0294253_17530880.jpg
夕暮れ時、カラスが体毛をついばみにやってきました

e0294253_17540790.jpg
「ちょっと!何やってんのよ!!」

一旦は、追い払ったかにみえましたが・・・・・

e0294253_17550788.jpg
じわりと包囲されます

e0294253_17561168.jpg
(クヮ・・・今のうちに・・・)

e0294253_17573042.jpg
「今むしろうとしたでしょ!」
「はて、なんのことやら?」

e0294253_17583051.jpg
「ったく、油断もすきもありゃしないわ」
「フンフン~~♪」

e0294253_17593271.jpg
「いい加減におし!!」
「ひゃあっ」

一進一退の攻防であります

e0294253_18013900.jpg
ところで、今年は三頭もちびっ子が生まれたようです

e0294253_18025080.jpg
いたいた\(//∇//)


[PR]
by manyamou01 | 2014-11-20 19:51 | 千葉市動物公園
e0294253_22580734.jpg
人間が長い年月をかけ、野生動物を飼いならしてつくってきた家畜
そんな人と深いかかわりをもつ家畜たちの原型に近い動物や
人間の暮らしを支えている動物たちを知ろうというコンセプトのエリアです

こちらは白牛(ゼブー種)

e0294253_23052961.jpg
肩に隆起があるので「こぶ牛」とも呼ばれます

白牛が日本にやってきたのは江戸時代のこと
彼らの牛乳でバターに似た乳製品を作ったのが酪農の始まりといわれています

e0294253_23092666.jpg
やがてホルスタインが主流となり、彼らは日本から姿を消して行きました
現在、日本でゼブー種に会えるのはここだけのようです

e0294253_23130545.jpg
こちらはアメリカバイソン

e0294253_23151335.jpg

e0294253_23153770.jpg
トナカイのルイくん

多摩動物公園生まれです

e0294253_23164760.jpg
ヤクのガンコちゃん

ヤクは、チベット高原という世界で最も標高の高い所に生息する牛

e0294253_23214038.jpg
カラスに体毛を狙われています

e0294253_23262402.jpg
アジア水牛のモームスちゃん

e0294253_23271840.jpg
ラマのラマミちゃん

e0294253_23280594.jpg
黙々と雑草を食んでおります

e0294253_23292709.jpg
ラマといえば、長寿で名高いミケさんに是非、お会いしたかったのですが
残念ながら叶いませんでした

ミケさん、お疲れ様でした


[PR]
by manyamou01 | 2014-11-19 19:57 | 千葉市動物公園