ブログトップ

続・動物園ありマス。

manyamou01.exblog.jp

さらに、だらだらと動物園見聞録

カテゴリ:名古屋港水族館( 8 )

e0294253_1002095.jpg

名古屋港水族館では、多彩なペンギンを見ることが出来ます

先ずはヒゲペンギン

e0294253_1045712.jpg

アデリーペンギン

e0294253_1063637.jpg

ジェンツーペンギン

あと、写真を撮り逃してちと凹んでいるのですがコウテイペンギンに会えるのは
国内どころか、世界中でも殆ど無いのでめちゃめちゃ希少です

e0294253_10141188.jpg

マイクを通して、鳴き声が楽しめるようになっているのも嬉しい配慮

e0294253_1015550.jpg

ペンギンたちが俄かに活動的になる給餌TIMEは見ものです

e0294253_10155278.jpg


e0294253_10161576.jpg

手前でぷっかりと浮いているのが
先述のコウテイペンギンです(;^_^A

e0294253_10173961.jpg


e0294253_10184649.jpg

これほどの数のペンギンが一斉に泳ぎだす様は、とにかく圧巻です


それでは、華麗に泳ぎ回るペンギンたちの姿を~

こちらには、コウテイペンギンの勇姿がちゃんと映ってます(^^)
[PR]
by manyamou01 | 2013-03-03 21:01 | 名古屋港水族館
e0294253_19282666.jpg

引き続きミズクラゲ~

ゆらーりゆらゆら・・・

e0294253_19312846.jpg

ごちーん

e0294253_1932481.jpg

ちびっ子もさかさま~

e0294253_1932324.jpg

カブトクラゲです

こちらも日本各地で見られるポピュラーなクラゲ

e0294253_19343571.jpg

衝突~

e0294253_19345624.jpg

あれあれ?

e0294253_19352753.jpg

合体変形!!

いやあ、クラゲってホント不思議すぎて面白いです♪
[PR]
by manyamou01 | 2013-02-19 21:12 | 名古屋港水族館
e0294253_19233746.jpg

ミズクラゲ

e0294253_19293739.jpg

国内の各地で見られる、最も一般的なクラゲです

e0294253_19262328.jpg

実際の色は乳白色か透明なんですが
照明により次から次へと変化していく様をお楽しみください

e0294253_19281872.jpg

あかー

e0294253_1925127.jpg

あおー

e0294253_19303231.jpg

ぐんじょーいーろー

・・・きれいー

(ネタが古すぎ)

e0294253_19322564.jpg

ちびっ子発見~♪
[PR]
by manyamou01 | 2013-02-18 21:22 | 名古屋港水族館
e0294253_1075035.jpg

クラゲ界のスター(!?)、ハナガサクラゲです

昨年、名古屋港水族館を訪れた時に出会った
クラゲたちを一挙公開~♪

e0294253_10101593.jpg

本州中部から九州沿岸域のやや深場に生息

e0294253_10124521.jpg

ごっつんこ

e0294253_10133111.jpg

渋滞中

e0294253_1015714.jpg

「ふう、やっと渋滞をぬけたよ」

e0294253_10154024.jpg

「ちょっと休憩」

e0294253_10163240.jpg

続いてアカクラゲ

e0294253_10171556.jpg

全国の沿岸で、冬から初夏に見られます

e0294253_10195821.jpg

この上下感の無さがたまらんです
[PR]
by manyamou01 | 2013-02-17 21:06 | 名古屋港水族館
e0294253_111442.jpg

標本の中でも圧巻だったのはこちら

優に2mはあるテンガイハタ

かなり、引きで撮ってます(^^)

e0294253_11182666.jpg

接写と♪

e0294253_11204276.jpg

そして、愛すべきダイオウグソクムシ(,,,,▼ω▼)

時間をおいて、何度も何度も足を運んだのですが
一日中、この位置のままでした・・・・・

e0294253_11223483.jpg

ムラサキヌタウナギ~(        ^ °*°)^

e0294253_1124874.jpg

左端に写っているのがテナガオオホモラ

貝殻やカイメンを持ち上げて外敵から身を守るというユニークな習性の持ち主

イソギンチャクを持ち上げているのがおわかりでしょうか?

e0294253_11284110.jpg

ここからは、南極生物のご紹介

ナンキョクオキアミです

非常に難しいと言われた長期飼育を見事に成功させた名古屋港水族館の実力!
しかも、こちらの個体は6世代目だとか。素晴らしい!!

e0294253_11355562.jpg

イソギンチャクをのせた巻貝

一年中、水温が零下になる海底でも彼らはちゃんと生きているわけです

e0294253_1140329.jpg

なんかもう、想像を絶する世界

e0294253_11403364.jpg

そして極め付けがこちら、ディープウォータードラゴン

水深300~1250mの海底に生息
飼育例も殆どなく、生態も謎に包まれた超希少魚です

大トリにふさわしいかと
[PR]
by manyamou01 | 2013-01-13 21:08 | 名古屋港水族館
e0294253_20224521.jpg

「いただきま~す♪」

ホウライエソの捕食シーンを再現した模型

e0294253_20234383.jpg

ごっくんこ

e0294253_20241770.jpg

これがまた造詣も見事でド迫力なのです

e0294253_20271715.jpg

こちらは、ホウライエソの標本

e0294253_20275417.jpg

カタホウネンエソの模型もあって・・・

e0294253_2029996.jpg

スイッチを押すと、腹部が光ります

下から狙ってくる捕食者に対し、自分のシルエットを隠すために光らせるんだそうです

e0294253_20345080.jpg

カタホウネンエソの標本

e0294253_20352871.jpg

なんとサツマハオリムシもいます!

本物は、初めて見たかも

e0294253_20362910.jpg

再び登場オウムガイ~

e0294253_20372519.jpg

臨場感あふれるハオリムシをはじめとした海底の情景ジオラマ

開館当初からありますが、いつ見てもうっとりする出来栄えです\(//∇//)
[PR]
by manyamou01 | 2013-01-08 21:15 | 名古屋港水族館
e0294253_11425399.jpg

名古屋港水族館のファンにはお馴染みのアレ

200年以上昔の潜水服です

e0294253_1147127.jpg

開館当初からあったと記憶しています。
以前は水族館の入り口付近にあり、寝る子も泣き出す存在だったんですが
今は深海エリアの入り口に立ち、あたかも護法神のように訪れる方々を見守っています

e0294253_11554446.jpg

潜水服の解説

本当に、コレで潜っていたのかと想像すると、もう怖くて泣けてきます

e0294253_11591885.jpg

ビワアンコウの標本

通路には希少な標本がずらりと並び、深海ファンを恍惚とさせてくれます

e0294253_1255598.jpg

シギウナギとサクラエビ

e0294253_1272591.jpg

オオヨコエソ

e0294253_129284.jpg

メンダコ!

e0294253_1210958.jpg

裏側~♪

e0294253_12104116.jpg

チョウチンアンコウ

e0294253_12113863.jpg

ドラゴンオサテエビ

e0294253_12123578.jpg

イトヒキイワシ

・・・キリがないので、この辺にしておきます(;^_^A
[PR]
by manyamou01 | 2013-01-04 21:10 | 名古屋港水族館
e0294253_17191735.jpg

オウムガイです

約6000万年前から、殆どその姿を変えていないため
「生きた化石」と呼ばれています

e0294253_1722935.jpg

という訳で、唐突ですが深海魚のシーズンなので
名古屋港水族館の深海ギャラリーをご案内~♪

写真はトラザメ

北海道以南から東シナ海の浅海~水深1500m位に生息

e0294253_1726379.jpg

ちとピンボケですが、こちらはその赤ちゃん

e0294253_17294079.jpg

さらにその卵

風変わりな、その形は「人魚の財布」と呼ばれるとか

e0294253_1731581.jpg

もういっちょうトラザメの成体の姿を

e0294253_17334771.jpg

こっち側から見ると、めちゃめちゃ可愛い

e0294253_17342669.jpg

クラカケザメ

熊野灘~南西諸島のやや深い海底に生息

背中の模様が「馬の鞍」のように見えるのが、その名の由来

e0294253_17373255.jpg

ヒメ

日本、台湾、フィリピン、ハワイ諸島、ニューカレドニアの水深85~510mに生息

e0294253_17405332.jpg

もういっちょう暗いけど、形がわかりやすいものを

e0294253_17415236.jpg

えーっと、ネームプレートについてなかったんだけど、これは何だろう・・・

わかる方みえたら教えてください(;^_^A

まだまだ続きま~す♪
[PR]
by manyamou01 | 2013-01-02 17:14 | 名古屋港水族館