「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

続・動物園ありマス。

manyamou01.exblog.jp

さらに、だらだらと動物園見聞録

<   2013年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

e0294253_09482953.jpg
今回の展示で最も度肝を抜かれたのがコレ

こんな物凄い化石、初めて見ました

e0294253_09510800.jpg
プロトケラトプスの15体の赤ちゃん

e0294253_09532029.jpg
踏ん張って前に進もうとしているように見える個体が何頭かいるので
砂嵐に巻き込まれて死んでしまったと考えられているそうです

e0294253_09583527.jpg
多くの子供を生むことでプロトケラトプスは、
一定以上の数の子供が生き残る戦略をとっていたと考えられています

e0294253_10001927.jpg
遥かな太古に絶滅してしまった生物たち
彼らに会うことはもうできないし
本当は、どんな姿をしていたかも正確にはわかりません

e0294253_10065551.jpg
でも、これほど見事な化石なら専門家の方々は大量の情報を引き出すことができるし
我々のような素人でも、彼らが躍動していた姿を想像することがいくらでもできます

そう、化石は語りかけてくれるのです

e0294253_10075508.jpg
それこそが、こういった展示に足を運ぶ醍醐味であります

ほんの数ヶ月前まで生きていたかのような
今にも動き出しそうな子供たちの化石・・・

ホント魅入られました

e0294253_10122928.jpg
こちらもプロトケラトプスの子供

e0294253_10143062.jpg
同じく、プロトケラトプスの子供の頭骨

e0294253_10162892.jpg
なんと、プロトケラトプスの成長過程がわかるように頭骨が展示してあります

e0294253_10103072.jpg
次第に頭部のフリルが大きくなって
鼻の隆起がはっきりとしてくるのがよくわかります


来年は、こんな具合にめざましく成長できたらよいなと
とってつけたような抱負でしめくくり


それでは皆様、良いお年を~~~♪


[PR]
by manyamou01 | 2013-12-31 19:46 | 国立科学博物館
e0294253_22300424.jpg
昆虫園本館の人気者ハキリアリ

せわしなく動くさまは、見ていてホント楽しいです

e0294253_22335931.jpg
その名の通り・・・

e0294253_22343593.jpg
かなりのスピードで、葉を切っていきます

e0294253_22362523.jpg
らんららんらん♪

と足取りも軽く、その葉を運びます

e0294253_22380756.jpg
どこへ運ぶかというと・・・

e0294253_22391528.jpg
・・・こちら

まるでホラー映画にでも出てきそうな居城

これは葉で作られた菌園であります

e0294253_22445542.jpg
ここで何と、キノコを栽培するのです!

e0294253_22455234.jpg
ハキリアリ・・・レベル高すぎです

e0294253_22481084.jpg
ハキリアリのグループ構成



[PR]
by manyamou01 | 2013-12-30 19:47 | 多摩動物公園
e0294253_01003103.jpg
昆虫園本館の花形スター、ハナカマキリ

e0294253_01015657.jpg
蘭に擬態することで名高いカマキリです

e0294253_01031976.jpg

e0294253_01034136.jpg
ちなみに、こちらがメスで

e0294253_01041541.jpg
こちらがオス

びっくりする程、体格差があり
まるで子供のようです

e0294253_01051395.jpg
「なめんなーー!!」

e0294253_01053746.jpg

e0294253_01060571.jpg
で、こちらが幼態(2013年10月撮影)

e0294253_01070298.jpg
子供の方が全身真っ白で、ガチで蘭です
実際、子供の方が擬態能力は高く
大人になるにつれ、へたっぴになるんだとか

e0294253_01084538.jpg
おまけ:こちらはヒナカマキリ

本州、四国、九州と割りと全国的に棲息してるんですが
落葉に同化し、動きも敏捷なので中々、見つけるのは難しいそうです



[PR]
by manyamou01 | 2013-12-29 19:45 | 多摩動物公園
e0294253_20212686.jpg
昆虫園本館で見かけたクリスマスツリー
少々、載せるタイミングが遅くなりましたが、あまりに素晴らしいので
もちろん全て本物の標本です。甲虫に混じってタガメがいるのがまた味わい深いです


多分これ、みんなココで飼育してた個体だと思うんですが

ということは供養塔・・・・・

e0294253_20295974.jpg
ってな訳で、昆虫園本館より

ニジイロクワガタ

e0294253_20321661.jpg
ヘラクレスオオカブト

e0294253_20330169.jpg
ギラファノコギリクワガタ

e0294253_20425103.jpg
んがーーー!!

e0294253_20433638.jpg
ゲンゴロウ

e0294253_20475355.jpg
こちらはコガタノゲンゴロウ

写真だと区別がつきませんが
実際に見比べると全然大きさが違い、名前の通り小型です

e0294253_20494626.jpg
さて本題

昨年、ファンに惜しまれながらも逝ってしまったオバケコロギスが再び来日!!

e0294253_20540006.jpg
時間をおいて二度三度と足を運んだんですが
この日は、この状態から動こうとせず

まあ、よく物陰に隠れて全く姿が見えないことも多々あるので
今日のところはこれで満足です(^^)


[PR]
by manyamou01 | 2013-12-28 19:43 | 多摩動物公園
e0294253_11230601.jpg
前回に続き、ブキンツァフで発掘された恐竜たち

2009年に新種として命名されたザナバザルのホロタイプ標本

頭骨の長さが27.2cmとトロオドン類の中では最大の個体です

e0294253_11300010.jpg
ノミンギアのホロタイプ標本

オヴィラプトロサウルス類の一種

鳥類以外で初めて尾端骨(尾の先端の椎骨が癒合したもの)を持つことが確認された恐竜です

e0294253_11353533.jpg
ホマロケファレ

「平らな頭」というのがその名の意

e0294253_11371414.jpg
名前が示すように、頭骨がヘルメットのように盛り上がっている堅頭竜の中では
最も平らな頭骨を持っています

e0294253_11415128.jpg
続いて「大量絶滅の時代」と銘打たれたコーナーへ

ここでは、白亜紀末の大量絶滅を免れたものたちが紹介されています

写真はネオコリストデラ類

e0294253_11491601.jpg
ワニとよく似ていますが、ワニともトカゲとも近縁ではない
もっと原始的な爬虫類なんだそうです

e0294253_11544553.jpg
チョイリア

全長約2mと、コリストデラ類の中では大型種

e0294253_11564337.jpg
フレンドゥフサウルス

同じく、コリストデラ類

e0294253_12001405.jpg
モンゴロケリス

e0294253_12011040.jpg
甲羅の長さが80cmにも達する、大型のカメ



[PR]
by manyamou01 | 2013-12-27 21:21 | 国立科学博物館
e0294253_21460270.jpg
先月末、カナダのカルガリー動物園からやってきた
レッサーパンダのフランケンくん

e0294253_21530160.jpg
「はろー!」

毛並みもつやつやでめっちゃ可愛いです♪

e0294253_21555902.jpg

e0294253_21574015.jpg
・・・もしかして、傷だらけだから「フランケン(シュタイン)」なの!?

e0294253_21590309.jpg
まあ、その話題はおいといて

とにかく元気いっぱいで、よく動いてました

e0294253_22011465.jpg

e0294253_22015353.jpg
笹の葉、ガン見してます

e0294253_22024504.jpg
実食~~

それはもう、おいしそうに食べ続けてました

e0294253_22052536.jpg
「よろしくね!」



この日の様子~



[PR]
by manyamou01 | 2013-12-26 19:45 | 多摩動物公園
e0294253_21055714.jpg
メリークリスマス!

多摩動物公園では恒例のトナカイリースであります

e0294253_21070226.jpg
一昨日、クリスマスイベントの一環でトナカイさんにケーキのプレゼントがありました

作りこみが半端ないです

e0294253_21091967.jpg
にんじん、りんご、小松菜、ケーキの土台になっているのは、おからだそうです
なんというヘルシーさ!

e0294253_22082142.jpg
おいしそうに食べてます

e0294253_22092491.jpg
めっちゃ食いつきいいし

e0294253_22095454.jpg

e0294253_22102532.jpg
完食~

e0294253_22233207.jpg
「ふう~食べた、食べた♪」

e0294253_22242688.jpg
腹ごなしの運動~

e0294253_22252587.jpg
「めりくりだよ!」

e0294253_22260560.jpg
なんと見学者にもクリスマスプレゼントが!

トナカイの角をスライスしたものです

いやもう、超感激です(T-T)

e0294253_22315003.jpg
おまけ:こちらはニホンジカのところに飾られていたリース

和風で味わい深いです



[PR]
by manyamou01 | 2013-12-25 19:45 | 多摩動物公園
e0294253_10325550.jpg
落葉で埋め尽くされた放飼場を走り回るチーターっ仔

先頭を走るのはアネモネ

e0294253_10335496.jpg

e0294253_10371031.jpg
華麗にジャンプ

e0294253_10392162.jpg

e0294253_10394170.jpg
ファングも参加

e0294253_10401264.jpg

e0294253_10443852.jpg
「まあ、賑やかなこと」

走り回る、ちびっ子たちをよそに静かに佇むスミレ母さん

e0294253_10461401.jpg
「さてと・・・」

e0294253_10472320.jpg
「まま、まま」

実はコレ、スミレさんが排便するやいなや子供たちが集まってきて・・・という場面
こういうとこって、意外にも今まで殆ど見たことなかったから、結構新鮮

e0294253_10501727.jpg
「よいちょ!」

またまた、木に登る子もいたり

e0294253_10513041.jpg
(あの、ひらひらと落ちてくるのは何だろう・・・?)

e0294253_10521404.jpg
目線いただきました\(//∇//)

e0294253_10531638.jpg
おまけ:最後は、恒例の後頭部でごきげんよう♪


[PR]
by manyamou01 | 2013-12-24 19:37 | 多摩動物公園
e0294253_18294086.jpg
スミレ母さんに甘えるアネモネ

e0294253_18301693.jpg
まったりと、ひなたぼっこ中のファング

e0294253_18310280.jpg
アネモネさん、さすがにそこはくぐれないっすよ

e0294253_18314850.jpg
「すきありーーーっ!」
「はっ!!」

e0294253_18324235.jpg
「そーはいかなくてよ!」
「ちっ!」

反応がめっちゃ早いです

e0294253_18341604.jpg
そして、始まる追いかけっこ

e0294253_18353203.jpg
あえて、ここをくぐります

e0294253_18360110.jpg


e0294253_18362029.jpg
追う側もまた、ここをくぐります

e0294253_18364491.jpg
器用すぎです

e0294253_18380117.jpg
「ふう、やっとまいてやったわ」

かけっこはアネモネに軍配が上がったようで

e0294253_18390545.jpg
(みんな、さむいのにげんきだなあ・・・)

いまだ、ひなたぼっこ中のファング



[PR]
by manyamou01 | 2013-12-23 19:45 | 多摩動物公園
e0294253_12403653.jpg
先週の五つ子チーターっ仔~

この季節のチーター舎は、落ち葉が敷き詰められ
ミスマッチながらも実に美しい景観であります

e0294253_12425562.jpg
「あそぼ!あそぼ!」

アネモネが木の影で寝ている子をつっついています

e0294253_12471171.jpg
「ん?だれー!?」

e0294253_12491148.jpg
「みーつけたっ!」

e0294253_12495220.jpg
きりっとアネモネ

「さあ、あたちといっしょにあそびなちゃい!」

e0294253_12513462.jpg
さっきまで寝転がっていたので、落ち葉が体につきまくってます

e0294253_12522678.jpg
「んしょんしょ」

e0294253_12525260.jpg
もう、木登りもすっかり上手になりました

e0294253_12534814.jpg
ひょっこりとスミレさんも登場




[PR]
by manyamou01 | 2013-12-22 19:40 | 多摩動物公園