ブログトップ

続・動物園ありマス。

manyamou01.exblog.jp

さらに、だらだらと動物園見聞録

<   2015年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧

e0294253_17564086.jpg
オステオレピス

デボン紀
シーラカンスや肺魚の仲間である肉鰭類(にくきるい)の初期の仲間

e0294253_18013008.jpg
ユーステノプテロン

デボン紀後期の肉鰭類
胸ビレ、腹ビレには骨があり、海から陸へと進出していった四肢動物のご先祖様と考えられています

e0294253_18080533.jpg
もういっちょうユーステノプテロン

「ユーステノ」は「頑強な、たくましい」の意で、「プテロン」は「ヒレ」の意

e0294253_18140671.jpg
ガノレピス

石炭紀前期の原始的な軟質類
現代に残るポリプテルスやチョウザメのご先祖様

e0294253_19402003.jpg
アレニプテルス

石炭紀前期のシーラカンスの仲間

e0294253_19452861.jpg
パランブリプテルス

ペルム紀前期の条鰭類

条鰭類の初期の仲間は軟質類に分類され
パランブリプテルスもその一つ

e0294253_19461029.jpg
レピドーテス(ジュラ紀後期)

三畳紀~白亜紀に生息した硬骨魚
ガノイン鱗と呼ばれる硬いエナメル質のウロコが体を覆っています

魚食性の恐竜バリオニクスの化石から、この種のウロコ等が見つかっており
よく食べられていたと考えられています

e0294253_19470194.jpg
ラコレピス

白亜紀の硬骨魚
ラコレピスは、その中でも進化した真骨類に属し
現代のカライワシの仲間とよく似ています

かくて、泳ぐ能力をどんどん進化させた条鰭類は大洋を謳歌し
一方、肉鰭類は極一部の種を残し、地上へとその活路を見出すのであります

[PR]
by manyamou01 | 2015-11-22 23:55 | 国立科学博物館
e0294253_10002620.jpg
メロです

午後になって、ネロ&リロ組と交代で登場

隔離されてからは、ずーっと奥の部屋にいて殆どまともに姿が見れなかったので
こうしてサブで会えるのは、めっちゃ嬉しいです

e0294253_10020446.jpg
ずんずん

e0294253_10022324.jpg
他の子と違って、メロは慣れていないはずの放飼場でもホント物怖じしません

e0294253_10051902.jpg

e0294253_10060021.jpg
マイペースで放飼場を満喫しておりました

e0294253_10040926.jpg
この角度は、ここでしか見られないっす

e0294253_10084341.jpg
一方、交代でバックヤードへ戻ったネロ

退屈そうにまどろんでます

e0294253_10095296.jpg
リロ

e0294253_10102585.jpg
うん・・・ゆっくり、お休み


[PR]
by manyamou01 | 2015-11-22 12:15 | 多摩動物公園
e0294253_21160476.jpg
「やあ、みんな元気してる?」

サブ放飼場のネロ

先月中旬の様子~

e0294253_21245071.jpg
てへぺろ

e0294253_21254645.jpg
こちらはリロ

相変わらずキツネっぽい

e0294253_21262610.jpg
当初は、慣れぬ放飼場でびくびくした感じだったネロも
随分と落ち着いてきて、まん前の水飲み場まで来るようになりました

e0294253_21281400.jpg
お昼寝だって堂々としたものです

e0294253_21285450.jpg
いやあ、こんな至近で見れるのはやっぱ楽しいっす

e0294253_21302292.jpg
超爆睡

e0294253_21321829.jpg
すや~

e0294253_21330293.jpg
せっかくなので肉球も撮ってみました

e0294253_21340275.jpg
こちらはリロ

負けじと見事なリラックスぶり

e0294253_21350880.jpg
リロさん、怖いので目を開けたまま寝ないでください


[PR]
by manyamou01 | 2015-11-21 19:50 | 多摩動物公園
e0294253_20015414.jpg
7/8生まれのアカアシドゥクラングールの赤ちゃん「サオ」ちゃんと
母親のツバオさんです

e0294253_21032921.jpg
水・金・日が、この親子が出る日だそうです
(月・木・土は、4月生まれのアーニと母親のワニ)

e0294253_20124991.jpg
「サオ」とはベトナム語で「星」

素敵な名前です

e0294253_20150810.jpg

e0294253_20153601.jpg
もう、随分ひとりで行動するようになってました

e0294253_21023537.jpg


e0294253_21025455.jpg
中々、お転婆娘です

e0294253_21070313.jpg
でも、まだまだお母さんと一緒にいるのが一番いいみたいです

e0294253_21082683.jpg
こちらは、4月生まれのフランソワルトンの赤様「ココア」ちゃん

e0294253_21100164.jpg
残念ながらオレンジ色の時期は見逃してしまいましたが
まだまだ超カワイイ盛り

e0294253_21104904.jpg
元気いっぱいに飛び回ってました


この日の様子~


[PR]
by manyamou01 | 2015-11-20 20:10 | よこはま動物園ズーラシア
e0294253_20162402.jpg
「行くわよー!」

ミンピの反撃!!

という訳で昨日の続き~

e0294253_20180486.jpg
一進一退の激しい攻防が・・・

e0294253_20183253.jpg
・・・と思いきや、突然へたりこむダマイ

e0294253_20191511.jpg
「ちょ、なによ!調子くるうじゃない」

e0294253_20195817.jpg
「ふん、あんたの相手なんて寝たままででも十分よ」(つか、もう眠いのよ)

e0294253_20223248.jpg
「ほざいたわね!」

e0294253_20235013.jpg
「くらえーこのー!」
「まだまだー!」

完全にこどものケンカ状態です

もうホントにどんだけ見てても退屈しない二頭なんですが
ミン・ダマ揃って見られる日もそう長くはないでしょう
個人的には、この日みた姿が最後になってしまうかもしれません

何所へ行ったとしても、二頭が健やかに暮らせるように願っています


[PR]
by manyamou01 | 2015-11-19 20:05 | よこはま動物園ズーラシア
e0294253_20162396.jpg
走るダマイ

e0294253_20164879.jpg
たーーーーーーっくる!

ターゲットは・・・

e0294253_20174410.jpg
ミンピ!

e0294253_20181357.jpg
食らいついたらはなさない!

e0294253_20185772.jpg
いや、ダマイに抱きつかれたまま
走り続けるミンピもたいしたものです

e0294253_20201007.jpg
なんとか、振り切ろうとするミンピですが・・・

e0294253_20202949.jpg

e0294253_20212770.jpg
「ああ、もうしつこい!」

動きが止まるや否や、振り返りざまにミンピの攻撃

e0294253_20222911.jpg
「こんどは、こっちの番よ!」


次回、「反撃のミンピ!」お楽しみに!!

[PR]
by manyamou01 | 2015-11-18 19:55 | よこはま動物園ズーラシア
e0294253_20482850.jpg
「がーーーーーーー!!!」

たたかうスマトラっ仔ミンピ(左)とダマイ

e0294253_20493511.jpg
「でやあっ!」
「あだっ!」

ダマイのネコぱんちが炸裂!!

e0294253_20510965.jpg
「かくごーーーー!」

一気にたたみかけるダマイ

e0294253_20515428.jpg
「あまいわ!」

かわすミンピ

e0294253_20522557.jpg
「ふ~ちょっと休憩」

激しい応酬かと思いきや、急に動きが止まったりします

e0294253_20534686.jpg
「すきアリ!かぷっ!」
「ちょ、いたいじゃないの」

e0294253_20560505.jpg
「ふん、ダマイったらちょーしぶっこいてんじゃないわよ」

e0294253_20565231.jpg
「つぎは、こーはいかないんだから」

逆襲を誓うミンピであった
血気盛んな姉妹であります

[PR]
by manyamou01 | 2015-11-17 19:47 | よこはま動物園ズーラシア
e0294253_20175246.jpg
「ダマイよ!」

1年ぶりぐらいで会ってきました。
先月下旬のスマトラトラっ仔たち~

e0294253_20202300.jpg
あくび~~~

e0294253_20211082.jpg
ふがふが・・・

e0294253_20214076.jpg
きりっ!

e0294253_20234256.jpg
近づいてきたデル母さんにあいさつ~

e0294253_20242857.jpg
続いてミンピもやって来て

e0294253_20253978.jpg

e0294253_20261998.jpg
くつろぎ中のデルにあいさつ

もう、デルが子供をかまうような行動は殆どありませんでしたが
親子関係は良好な感じでした

e0294253_20275668.jpg
おといれ中のダマイ

e0294253_20294827.jpg
「もう!へんなとこ撮らないでよね!!」


[PR]
by manyamou01 | 2015-11-16 19:50 | よこはま動物園ズーラシア
e0294253_11004317.jpg
開放感まるだしで転がるヴィドゥラ
そこへアマラがやってきて

e0294253_11020796.jpg

e0294253_11022942.jpg
すりすり

e0294253_11031879.jpg
「あそぶ?」

e0294253_11042756.jpg
「じゃあ、このタイヤで・・・」

e0294253_11052505.jpg
「・・・って、まってよ~」

アマラを追いかけるヴィドゥラ

e0294253_11062853.jpg
「おいついた♪」

e0294253_11071464.jpg
「あのね、あのね」

e0294253_11074582.jpg
(あーもう、いい加減うっとうしい・・・)

e0294253_11083954.jpg
「ひとりで遊んでなさい!」

お母さんモードのアマラ

e0294253_11094528.jpg
「あそぼ、あそぼー」
「はいはい」

なんかこう、大きく年の離れた兄妹か親子みたいな感じになりつつある気もしますが
いつも仲の良い二頭なのです



[PR]
by manyamou01 | 2015-11-15 19:55 | 多摩動物公園
e0294253_11002611.jpg
エデストゥス

石炭紀後期の軟骨魚類の一種
何度でも歯が生え変わる普通のサメとは異なり
歯は磨り減っても抜け落ちずに残っていました

e0294253_11040059.jpg
ケイロレピス

デボン紀の原始的な条鰭類(じょうきるい:現代のふつうの魚)

e0294253_11042322.jpg
尾びれの付き方、形なんかが今の魚とは全く違います

e0294253_11431723.jpg
アカントーデス

石炭紀後期の棘魚(きょくぎょ)類
化石の眼の中にユーメラニンが確認されたため
色を識別することができ、昼間に活動していたと考えられています

e0294253_11481372.jpg
もういっちょうアカントーデス

こちらはペルム紀前期の化石
歯はなく、プランクトンなどをエラで濾して食べていたのではと考えられています

e0294253_11540090.jpg
さらにアカントーデス

こちらもペルム紀前期のもの

学名は「棘」の意
棘魚類とは各ヒレに棘を持つ古代魚の総称で
シルル紀~ペルム紀まで、世界の淡水域で長く栄えました

e0294253_11585015.jpg
ヘリコプリオン

ペルム紀の軟骨魚類
「ゼンマイ状のノコギリ」を意味する名前の通り
奇妙な渦巻き型の歯の持ち主
しかし、この不思議な歯しか化石は見つかっておらず
サメの歯であるということ意外は殆ど謎のままのようです

e0294253_17370086.jpg
クセナカントゥス

ペルム紀のサメの仲間
頭部の角のような突起がイカしてます

e0294253_17410762.jpg
パランブリプテリス

ペルム紀前期の条鰭(じょうき)類

[PR]
by manyamou01 | 2015-11-14 20:04 | 国立科学博物館