ブログトップ

続・動物園ありマス。

manyamou01.exblog.jp

さらに、だらだらと動物園見聞録

2015年 11月 01日 ( 3 )

e0294253_23043655.jpg
ド迫力の実物大模型、ウミサソリとダンクルオステウス

e0294253_22081970.jpg
そして、この衝撃的な標本

体長2.2mに達したニューヨーク産の世界最大級の化石、ウミサソリ・アクチラムス

e0294253_22123773.jpg
もうね、でかすぎて手持ちの機材じゃ撮りきれないという

e0294253_22135606.jpg
くろーずあっぷ

節足動物の仲間であるウミサソリは
オルドビス紀~ペルム紀にかけて生息
シルル紀には最大最強の生物として
太古の海を席巻していたと考えられていました

e0294253_23151694.jpg
しかし近年の研究によると、この見るからに恐ろしいハサミも
さほど頑強ではなく、強力な捕食者ではなかったのではないかと
見られているそうです

えー?そうなの・・・・?

e0294253_23231266.jpg
スキフォクリニテス

シルル紀のウミユリ類です
一般的なウミユリとは違い、茎の基部に浮き袋が付いていて
海中を漂っていたと考えられています


ところでシルル紀には最大級の大きさを誇っていたウミサソリですが
デボン紀になると次第に小型化していきます
それは巨大な天敵が登場したからではとも言われておりまして

e0294253_23314005.jpg
もう、おわかりかと思いますが
冒頭に登場したダンクルオステウスがまさにそれではないかと

e0294253_23334150.jpg
デボン紀後期の板皮類
体長は6~10mとも言われる肉食性の大型魚です


あ、これ常設展のやつだ

e0294253_23370259.jpg
「嗚呼、諸行無常・・・」


[PR]
by manyamou01 | 2015-11-01 23:59 | 国立科学博物館
e0294253_19000407.jpg
上野動物園のホッキョクグマ・イコロです

先月初旬の様子~

e0294253_19010698.jpg
放飼場にいない時も多く、中々会なかったんですが
この日は、久しぶりに会えました

e0294253_19030310.jpg
向こうの放飼場へ行きたいのか
あるいはデアが気になるのか

e0294253_19035443.jpg
終始、放飼場の端を行ったり来たり

常同気味なのが、少々気になりますが
まあ、元気そうで何よりです

e0294253_19070883.jpg
同時刻、デア嬢は・・・

e0294253_19075302.jpg
「だって、暑いんだもん」

この日は天気もよくかなり気温も高かったので、この通り

e0294253_19090988.jpg
スライム・デア

e0294253_19095041.jpg
「あーもう、わかったわよ。起きればいいんでしょ!」

気だるそうに起き上がるデア
その行き先は・・・

e0294253_19111102.jpg
こちら

歩き回るイコロの様子をじーーーーっと見つめておりました

何かと今後が気になる二頭であります

おまけ:デアのランチTIME

飼育員さんが投げる魚を一心不乱に追いかけております

長い動画なので三つに分けてみました
お暇なときにでもどうぞ


[PR]
by manyamou01 | 2015-11-01 19:55 | 恩賜上野動物園
e0294253_11522059.jpg
井の頭自然文化園のオリイオオコウモリです

e0294253_12391807.jpg
今年も二頭の子供が生まれ、ますます賑やかになったんですが・・・

e0294253_11543633.jpg
先月初旬、勢いそのままの場面に遭遇しました


さらに賑やかになりそうな予感

よく騒いで、よく食べて
夕刻のオオコウモリたちは活発で
見応え満点です

e0294253_11595563.jpg
一方、こちらはシロフクロウさん

えーっと昨年やってきた多摩動物公園生まれの子かな?

e0294253_12075321.jpg
べっぴんさんです


どうやら、以前いた旧ムササビ舎から
こちらの旧ツシマテン舎に引っ越してきたようです

e0294253_12101298.jpg
きりっ!

公式記事によると2013年7月生まれとあるので

うう、立派に育ったねえ(T-T)

[PR]
by manyamou01 | 2015-11-01 12:20 | 井の頭自然文化園